体験してみないとわからない華やかな世界


大学デビュー

高校生の時に芋臭いといわれていたので、大学デビューをしようと決めていました。しかし自分に似合う洋服やメイク方法がわからなかったので、綺麗な女の子が集まっている印象が強いキャバクラで働いたら、自分も女子力がアップするのではないかと考えました。そこでキャバクラバイトの求人を見て面接を受けたところ、あまり手ごたえがなかったので落ちたかもしれないと思っていましたが、先輩のキャバ嬢がこの子が磨けば光ると言ってくれたので採用してもらうことができました。すぐにお客様に接客するのではなく、先輩のキャバ嬢のサポートにまわって、お酒のつぎかたや会話をはずませるコツ、マナーなどを身に着けることができました。接客をしていないときは、ママや先輩のキャバ嬢から、メイクやドレス選びのアドバイスを貰い、自分磨きを心掛けるようにしました。そうしたら大学でも綺麗になったとか垢抜けたと言われるようになり、男性からもモテるようになりました。